メタンハイドレートで日本の資源不足はなくなるのか?

最近日本東部の海の深海からメタンハイドレートと呼ばれる天然ガスが氷状になった塊が取れると話題になっています。資源不足の日本にとっては朗報だと言われています。天然ガスは火力発電の燃料となるため、原子力の利用が事実上できなくなっている昨今期待されていることは間違いありません。

しかし、メタンハイドレートの採掘は簡単ではありません。小さな塊であれば深海から掘削しても問題はありませんが、ある程度の量を掘削しようとすると、氷状の塊からガスが一斉に放出されることもありますから、危険と隣り合わせです。また、掘削したメタンハイドレートをどのようにして日本の陸地まで運ぶかも問題です。この技術は未だに確立されていません。

このように、現在の日本の技術でメタンハイドレートを掘削して利用することは難しいのが現実です。ししかし研究は進んでおり、資源不足の日本にとって朗報となる可能性は高いです。しかし、自国で資源を賄うことは同時にコスト高も享受する必要があります。いくら国産技術でメタンハイドレートを採掘して利用できるとはいえ、その採掘コストが高ければ利用することはできません。

資源不足とはいえ、外国から資源を買うことができる現状では、あえてメタンハイドレートを使う必要性はありません。シェールガス革命で、アメリカが世界一の天然ガス生産国となり、ガス自体の価格が下がっています。現在はアメリカは原油や天然ガスの輸出を禁止していますが、同盟国である日本などには外交政策もあり、輸出を開始すると言われており、現に日本の商社が米国に輸出拠点を建設しています。現在日本が買っている天然ガスよりはるかに安価に買うことができますから、メタンハイドレートを利用する意味はさらに減ってきています。

しかし、コスト度外視でも日本のメタンハイドレートを採掘し、利用していく必要があります。資源が眠っていることは間違いないので、諸外国がこれを狙っています。日本が採掘する前にすべて持っていかれてしまう可能性もあるのです。その前に、自国の資源を守るという観点からもメタンハイドレートを採掘して、実用化することが求められています。単なるコストだけではなく、日本という国を守るためにも必要なのです。

メタンハイドレートは、日本の資源不足を解消するだけではなく、諸外国からの圧力に対抗するリスクヘッジの意味もあります。できるだけ早期に実用化を果たす必要があります。

お気に入りサイト

リサイクルショップ【埼玉】の安心買取専門店 [リサイクルみのり]

各ジャンルに専門のスタッフがいるから良品のに詳しい買取専門のリサイクルショップです

ED治療のガイドラインに沿った診断から治療を

学会が定めた、治療のガイドラインに沿った診断を行っているから、不安な事もきっと解消されるはずです

中学受験も安心のインターナショナルスクール【LCA国際小学校】

中学受験の勉強にもしっかりと対応したカリキュラムがあるから、安心して通学できます

教員の募集情報!教員採用試験で今ほしいと思う教員とは

各自治体によっても人材の要望は少し違ったりもするようです。最低限の教職として学力はどこも同じですけど

ダイヤ買取専門店のハッピーは材料用ダイヤも査定対象に

買取店によって材料用ダイヤには評価がつかないこともあったりします。しっかりと査定対象になるかを見極めています